スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下のバナーをクリックしていただけましたら嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Beat or Blank

リチャード・ヘルの名曲「Blank Generation」は、



Bob McFaddenの「The Beat Generation」の
アンサーソングみたいな感じみたいですね、



ヘル在籍時のテレヴィジョンでも
Blank Generationは演奏されていて、
原曲(?)に近い感じ・・・。



でもやっぱりThe Voidoidsヴァージョンが
ヤルセナサとか焦燥感に満ちていて、
一番ハマッテいる感じ・・・Richard Hell and the Voidoidsって、
ヘルやクワインだけじゃなく、本当に良いバンドだなぁ…と。

Richard Hell and The Voidoidsはメチャクチャ良い映像があるんですよね。
(映画的にはアレレかもしれませんが)
Blank Generation~Richard Hell&The Voidoids~ [DVD]






下のバナーをクリックしていただけましたら嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

古傷 : Epiphone ES-930J


この記事は2013年11月18日に他のブログに投稿したものです。


15年以上前からずっと引きずっている懸案というか気がかりというか、
まあ、事実としてしても古傷なんですけど。

a0260019_01354859.jpg

店頭で一目惚れして以来、
「お気に入り」としていつも一緒に行動していたのが
仇となってこんなことに。

「余裕」ができたら、
いつかリペアに出してあげなきゃなぁ...と気になりつつ、
「余裕」ができることも
できそうな気配もないまま
歳月だけが流れ...。

決して生産量の多いギターではないとないと思うのですが、
偶然にも同じギターが近所のアイスクリーム屋さんに飾ってあって、
それを見るたびに我が愛器が不憫になり、
「もうそろそろ手を打たなきゃ」ともう強迫観念に追いつめられた状態。

で、
かくなるうえは
「自分でやってしまおうか」と

a0260019_01355909.jpg

先ずはと…情報収集開始。

何分、一目惚れの衝動買い故、
(高校生時代)憧れの「Epiphone」ということ以外、
このギターがどういうものなのか知らなずにきたのですが、
「ES-930J」で検索してみると、
ジッタリン・ジンの破矢ジンタモデルとして発売されたみたいですね。

何気にびっくりしたのが、フルアコであったこと。
ずっとセミアコだと思っていました。

当然ながら「憧れ」のUSA製ではありませんが、
現在の韓国や中国製造のものではなく、
Made in Japan の山野楽器製時代のものみたいですから、
「きっとGOODに違いありません」ということにしましょう。

データ的には
・ボディ材 : メイプル
・指板材 : ローズウッド
・ネック材 : マホガニー
とありました。

で本題のリペア、検索してみますと、
ボンドはフランクリン社のタイトボンドが良さげ。

さっそく雰囲気的にULTIMATEの文字に惹かれ
緑色のⅢを購入。

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII 8oz 237ml


運よくというか奇跡的に近所(?)のホームセンターに置いてありました。

クランプ類は100円ショップで添木は割箸(笑…少し貧弱でした)という
超エコノミーコースであります。

先ず接着麺を真鍮ブラシで軽くならしてから接着開始 !!

少しドキドキしたので軽く一杯ひっかけてから作業開始したせいか、
少しクランプを締め過ぎたような気がしないでもありません。

a0260019_01361647.jpg

念のため、一週間ほど待ってから、クランプ解除。
あんまりきれいではありませんが、良い感じにくっついています。

a0260019_01363033.jpg

で、弦を張って...久しぶり見るこの姿。

感慨深い…やっぱりカッコ良い。
ポインテッドカッタウェイとカラーリングにやられたのです。

a0260019_01364608.jpg


と2016年の現在も問題ナシであります。
さすがにギターハンガーにかける勇気はありませんが…。

下のバナーをクリックしていただけましたら嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

soleil des loups
狼の太陽
まほろばの地より、
月を眺めています。

soleil des loups

Author:soleil des loups

twitter
カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。